こんな床暖房が欲しかった!<床仕上げ材編>

人気の無垢フローリング

人気の無垢(ムク)フローリングですが床暖房に使うと床材が極端に乾燥しますので、材が収縮 するばかりでなく曲がったりねじれが生じたりする心配があります。
そこで安心なのがカタログに床暖房OKと明記した製品です。
ところが大手の建材メーカーの製品はとても手の出ないような値段です。
一般の床材と床暖房OKの床材との違いは床暖房用が十分時間をかけて丁寧に乾燥させて 製品化させているということです。
したがって一般用の床材でも信頼できる製品をさがせば安価で良質な物を見つけることが できます。
なお広葉樹に比べてヒバ・ヒノキ・杉といった針葉樹の床材は軟らかいので 傷などを気にする人は椅子式の生活をする食堂などにはナラ・サクラ・クリといった広葉樹 の床材を選択することをお勧めします。

合板タイプフローリング

合板の表面に薄い化粧材を張り付けたフローリングは材料費、張り手間共にムクの フローリングより安価ですから気楽に使えるでしょう。
この場合は必ず床暖房OKの製品を選択する必要があります。
一般の製品を使ってしまうと強度の乾燥で表面に張り付けられている化粧材が割れたり はがれたりする恐れがあります。
表面材が割れたりはがれたりすると歩けないどころではなくささくれ立っているので怪我をする 程だといわれています。
なお床暖房OKの製品でも特に電気床暖房を採用した場合は上に布団を敷いたり家具を置いた 場合は表面温度が極端に上がるので注意が必要でしょう。

従来の畳は厚みが5〜6cmありますので床パイプの熱がなかなか畳の表面まで伝 わってきません。
24時間床暖房をするなどといった使い方をするのでなければ従来の畳は床暖房には使 えないでしょう。
最近は畳もバラエティーに富んだものが製品化されて、特に厚さの薄い製品が熱伝導の 面から床暖房には有利でしょう。
薄くなると反ったりしてあばれる心配もありますから厚さ15ミリ程度でマジックテープなどで 固定できるものが安心でしょう。

カーペット

ダニが発生したりするという衛生面や部分的に汚れても気楽に張り替えられないこ となどから人気の落ちたカーペットですが、タイルカーペットを採用すれば素人でもカッター ひとつで気楽に張り替えられますから部分的に汚れても安心です。
従来は事務所用がほとんどでしたが最近は住宅用でも安価にタイルカーペットが販売 されています。

コルクタイル

コルク樫の木の樹皮を砕いてプレス機で熱を加えながら圧縮すると樹皮自体に 含まれているヤニで固まり、コルクタイルになります。
このようにコルクタイルは接着剤を使わないで製品化していますし、コルク樫の木も伐採せずに 繰り返し樹皮を採取できますから、環境にやさしく暖かい天然素材であると注目されています。
床暖房と組み合わせてもコルク自体に弾力性がありますので安心して使用できます。

トップページ 工事費計算式 ボイラーの選定 床暖房の現場報告


このコーナーの無断転載を禁じます

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2013/10/29