こんな床暖房が欲しかった!<ボイラー選定編>

温水式だからマイルド床暖房

近年、住宅の暖房も温かさの質が問われるようになってきました。床暖房を導入すれば暖房の理想である 頭寒足熱が達成できることは良く知られていますね。ところが安易に床暖房を導入すると思いがけない失 敗をする事になります。 床暖房で一番手軽なものはなんといっても電気式でしょう。ところがいかんせん電気料金が高く、マンシ ョンなどで食堂のテーブルの下だけといった使い方ならいざしらず、家中電気式の床暖房にしたら、一ヶ 月の電気代が十万円といった泣くに泣けない実例があります。また、電気式の床暖房は床の上に家具や布 団を置くと温水式に比べて床の表面温度がとても高くなり、低温やけどをする恐れや床材の表面がはがれ るといった欠点もあります。

灯油式だからランニングコストが断然安い

ガス式温水式床暖房は電気より若干ランニングコストは安いようですが、灯油と比べたらかな り割高になります。またガス会社のカタログには床暖房機器の単価が非常に安く表示されていますが、そ の取り付け工事費を含むと地域独占企業のためか総工事費はかさんでしまうようです。 灯油タンクの置き場所が確保できるのであれば灯油式温水床暖房がお勧めです。

万一真冬にボイラーがトラぶって運転が止まったら・・・

ところで安易に灯油ボイラーの機種を選定するととんでもない事になります。
万一真冬にボイラーがトラぶって運転が止まったら・・・
ホワイトクリスマスならぬ、暖房が効かない部屋の中で凍え死に?(笑)
お正月の元旦に暖房が止まったら・・・・・恐ろしいことですね。
そもそも灯油式ボイラーは、液体である灯油をガス化して燃焼させるため機構がガスボイラーよりずっと複雑で、 バーナーにカーボンがたまったりする故障の心配があります。
真冬に故障が直るまで何日か床暖房運転できないとなったら悲惨ですね。
かつて私は、かの有名なM*電機の灯油式ボイラーでこの悲劇の主人公になりました。
おかげで失敗から多くの事を学びました。
床暖房システムを皆様にご提供するにあたっては、私がトラブルで皆様から呼び出されることなく 安心してクリスマス・お正月を自宅ですごせるような信頼できるボイラーをご提供します。

10年間地球さんごめんなさい・・・

当社が設計した全室床暖房システム住宅はコージェネ発電(燃料電池)対応です。
写真は国分寺のT邸に設置した燃料電池対応分電盤
左から東電、右からコージェネ発電で自家発電した電気が入ってきます。
コージェネ発電についてはまだご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、 水の電気分解の反対の反応をさせて自家発電しようとするもので、 発電の副産物としてお湯が大量につくられます。そのお湯を床暖房に使おうという 目論見です。あと10年もすればコージェネ発電も実用化されると言われています。 すでに100万円程度で東京ガスやエネオスから試験販売が始まっています。 10年といえば今導入した灯油ボイラーの更新時期ですね。 10年後には灯油ボイラーからコージェネ発電の廃熱利用に切り替えるという シナリオを描いています。
10年間地球さんごめんなさい


トップページへ戻る 工事費計算式 床仕上げ材選定 床暖房の現場報告


このコーナーの無断転載を禁じます

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2013/10/29