こんな床暖房が欲しかった!<床暖房パネル編>

ラワン合板で造るからローコスト


温水パイプは継ぎ目のない床暖房用の耐熱ポリエチレンパイプを床パネルの溝の中 に敷設してゆきます。 敷設するにあたり注意しなければならないのはパイプの曲がり部分でパイプを 折らないようにスムースに曲げて行かなければなりません。 弊社の床パネルの敷設もこの曲がり部分は既製品(写真で黒く見える部分)を使いますが、 温水パイプをまっすぐ敷設する部分は既製パネルを使うのではなく安価なラワン 合板(ベニヤ板)を加工して床パネルとします。使用する合板もシックハウス規制に 適合するF-☆☆☆☆認定品です。 安価な合板を使うことによりローコスト床暖房を 皆様にご提供することが可能になりました

専門業者ではなく大工さんが工事するからローコスト



温水パイプを床に敷設する床パネル工事は専門業者にとって最も利益の得られる 部分でしょう。 私どもはコストを下げるために、このラワン製の床パネル工事を専門業者に 依頼しません。 簡単な床パネル工事でしたら私どもでも行なえますし、規模が大きくなった 場合は弊社と技術提携を行なった工務店(大工さん)の手で床パネル工事を行ないます。 写真は 我が家で実験的に敷設した時の写真

専門業者ではなく光設計が計画するからローコスト


一般的に床暖房の計画は専門業者がクライアントと打ち合わせを重ねながら計画を煮詰めて 行きますので、専門業者にとって工事に取り掛かる前の人件費もばかになりません。 この人件費は最終的には専門業者が行う工事費に加算されてきます。 弊社は床暖房の計画は専門業者に頼らず私ども自身で行ってしまいますから余計な経費が かかりません。

全室床暖房は当たり前、便所・洗面所・脱衣室も暖房します


ラワン合板を使った床パネルが超ローコストですから全部の部屋を床暖房するだけでは ありません。寝室から廊下、さらに便所の中まで暖房しますから安心して老後を迎えられると 喜ばれています。
洗面所を暖房すれば、真冬でも素足で平気で、ちょっと したゼイタク感を味わえます。
脱衣室も暖房していますから冬は乾燥室にもなります。

自分で計算! 床暖房工事費(機器代だけでなく施工費も含んでいます )

床暖房TOP ボイラーの選定 床仕上げ材選定 床暖房の現場報告


このコーナーの無断転載を禁じます

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2004/12/01