光設計事務所(東京都渋谷区)は、健康住宅を手がける建築設計事務所です

HOME
健康住宅の考え方
現場工程1
現場工程2
現場工程3
現場工程4
現場工程5
現場工程6
健康断熱材セルパネ
青森ヒバの産直住宅
設計士ごあいさつ
設計事務所概要
資料請求
お問い合わせ

床暖房はこちら

地下室はこちら


青森ヒバの産直住宅
光設計事務所TOP > 青森ヒバの産直住宅
 

住宅も産直で!ふるさとの木で家を造りませんか



南洋材のラワンの輸入が始まった当初、住宅の造作材に使われたラワンに、材の中に害虫の卵が産み付けられていた事による虫害が多発しました。今日では熱を加えて卵を孵化しない様にしているはずですが、ラワンを使うとなると一抹の不安はあります。
また改善されて来ている様ですが、ツーバイフォー用材で屋外用など耐久性を増すために輸入材に猛毒の薬剤を注入させていたりします。
住宅を造るにあたってできれば信頼性の高い国産材を薬剤処理などしないで使いたいものです。しかも単に国産材を使いましたというのではなく、素性がわかる材で、木の香りやぬくもりに満たされた、住むほどに木造の良さがしみ出して来て何代にも渡って住み続けることができる家づくりを目指して、弊社では産直住宅も試みております。
左の写真は青森県十和田市から産直住宅を行なった例です。太い大黒柱は青森ヒバです。光設計では現在下記2ルートによる活動をしていますが、他の地域とも情報交換は行なっておりますから、自分のふるさとの木材を使いたいといったご希望があればご相談ください。

青森県十和田市・・・・青森ひば(青ヒバ)
埼玉県飯能市・・・・・・西川材(杉・桧)


ところで住宅の産直には問題点もあります。野菜であれば新鮮であればあるほど価値は上がるのでしょうが、木材の場合は逆で、昨日までその枝にカラスが止まっていたようなびしょびしょな材で家を造ると、後から木が乾くに従って曲がったり、反ったりするのでトラブルになります。
今の時代、江戸時代に行われていたように何年間も自然乾燥を待つ事はできないでしょうから、できれば人工乾燥を行ないたいところです。

左の写真はNHKが青森県十和田市の古代人スガオカの木材乾燥プラントと産直住宅を取材している所です。
古代人の木材乾燥法は独特な方式で、煙で燻して乾燥させる薫煙乾燥です。
木材は燻されて真っ黒になりますが、これは民家の屋根を支える木材が囲炉裏の煙で燻されて防腐・防虫効果も高まり、何百年も長持ちするのと同じ効果が期待されます。
いま話題の三内・丸山の縄文遺跡で、この自然工法が各所で採用されていて、あのロシアから輸入された6本の巨大クリの木も古代人によって薫煙乾燥され黒くなり、化学塗料では得られない古色で訪れる人を楽しませているという事です。

日本人にはヒノキ神話があって木曾ヒノキなどは目の飛び出す程の金額で取引きされます。これらは「天然の」ヒノキで木目も詰まっていて耐久性も抜群です。ところが「人工の」植林したヒノキは木目も荒く材質も軟らで耐久性もあまり期待できません。
一方青森ヒバは国有林から払い下げられる樹齢100年以上の天然物ですから質の高さは抜群で、その割に庶民の手の届く価格ですから貴重な存在です。
例えば借地に建つ住宅で、建て替えの度に地主さんに建て替え承諾料を払わなくてはならないといった時などにはなるべく長持ちする家を造っておいた方が賢明でしょう。その様な時には、なんと言っても青森ヒバはお勧めです。

「ヒノキやヒバといった高級材でなくて良いから、国産材を使って少しでも安く住宅を造りたい」というニーズにも答える必要もあるでしょう。その様な時には西川材をお勧めしております。荒川上流の入間川流域は昔から林業がさかんで杉・桧の良材の産地として知られています。江戸の度重なる大火の後、この地域の木材を荒川にイカダを組んで運んだという事で、西の方から川で運ばれて来る所から西川材と呼ばれてきました。

良い事ばかりの産直住宅に見えますが、ここで産直住宅のかかえている問題点を考えてみましょう。
・設計を地方で行なうと細かい打ち合わせができず、また田舎臭い家になる恐れがある。
・出稼ぎ気分で工事が無責任になり易く、また後々のアフターケアもむずかしい。
・工期が延び、たとえ工事費が安くなっても仮住まいの費用が増えたりしてくたびれ損になる。
これらの問題点を解決するには、少なくとも設計は地元で行なう事と、後のメンテナンスのために地元の工務店にも参加してもらう事をお勧めします。

地方から東京に進出して産直住宅を手がけている業者もいるようですが、社会問題になっている秋住の例もありますから、しっかりしたお目付け約=信頼できる設計事務所を介在させると安心できると思います。
左の写真の青森に発注した例では骨組みが完成する上棟までが古代人の分担で、上棟以降の工事は東京の工務店が引き継いで内外装を行なう、いわゆるリレー方式で産直住宅建設を行っていて、メンテナンスは東京の工務店が行なっています。

上の写真の竣功後の様子(3階建住宅の3階部分)屋根頂部には電動トップライトが据えられていて煙突作用によって家中の換気が行なえ、真夏でもクーラーをあまり使わなくて済みます。

我が家のお風呂です。ちょっと贅沢をして天然の木曾ヒノキのお風呂、温泉気分を味わっています。このお風呂は2階に設置されているので下部はユニットバスになっています。ところでどのユニットバスにもヒノキを張る事ができると言うわけではありません。 ハーフユニットタイプと言う上下2分割できる物に限られます。

写真はダイケンのユニットバスですが、残念ながら色々な面で欠陥の多い商品でした。 なおこのヒノキの縁甲板は飯能の岡部材木店から直接取り寄せたもの。節の無い木曽ヒノキはとても庶民には手が出ませんが、このような節のある物でしたら気軽に使えます。




HOME光設計事務所の健康住宅の考え方設計事務所代表ごあいさつ設計事務所の会社概要資料請求お問い合わせ
Copyright (C) 2009 Hikari Sekkei Associate All Rights Reserved.