ローコスト床暖房の現場報告

日野市廣瀬様邸床暖房工事:2×4工法住宅のリフォーム


廣瀬様よりご丁寧なコメントをいただきました。ありがとうございました。 床暖房をワンシーズン使ってみました。  まず外出から帰ってきて、玄関扉をあけたときの玄関ホールから流れてくる 空気の暖かさというのは、格別です。玄関へのパイプ工事は、最初の約束には なかった工事ですが、機転を利かせていただいた結果の思わぬ効果でした。床 暖房の効果に懐疑的な人には、最大のプレゼンテーションになると思います。(笑)  そのほか、設計の相談に乗っていただいていた時期から、「冬の朝から裸足 で生活できる家」という提示があり、実際その通りになっています。ただこれは わがままと紙一重で、階段に床暖房が欲しいと思うようになるのが難点です。  気になる点は三つほどあります。うちの場合、暖房効率がよくない(よく言え ば夏向きの家)であるため、暖気が逃げやすいようで、いままで施工したケース よりも若干燃料代が多い傾向が出ているようです。これは点火パターンと家自体 の換気口の調整でなんとかなるとも鈴木先生から聞いておりますので、以降の宿 題です。もう一点は、うちの生活形態にかかわりますが、うちでは部屋数に比し て人数が少ない家という事情があり、しかしほぼ7割強の床を床暖房にし、しか も大きく4系統にしか分けていないので、、人間の居場所に応じて暖房の調節を しようとすると、結構煩雑な調整になるという点です。もっともこれはケチな性 分にも原因がありそうで(笑)、鷹揚に構えていた方がいいのかもしれません。  最後の一点は、ボイラーの臭いです。点火時から1時間くらいは、外に出ると 燃焼臭を感じます。最近においは減ってきたようですが、ボイラーが新しいうち は留意点かもしれません。  以上、問題点の記述のほうが分量が多いですが、総工費もお安く上げていただ きましたし、実際の使用感も含めて満足しています。  それともう一点、カーペット床暖房の部屋に布団敷きの場合、蓄熱効果が非常 に高くて、床暖房を切っても布団が暖か・・・過ぎます。寝汗は必須ですので、 ご注意を。  これは床暖房とは直接関係ないですが、パイプ上に張った建材市場の激安無垢 フローリング材の感想です。この材を張る工事には多少コツがあるようですが、 光設計さんでは把握しておられるので、問題はないと思います。床暖房との相性 も特段問題はみつけられません。ただ一点、この床材が安いのは、どうも無選別 製品であるから、ということがあるようです。(未確認ですが・・) 一部ヘリ が欠けていたり、接合部の薄剥がれや、生木時に打ったと思われる釘痕などが見 えます(無垢材である証拠ですが)。ですので、こういうところが気になる施主 さんは、多めに材料を入手し、自分もしくは大工さんに設置時に選別してもらう 方法もあるかなとは思います。もっともウチの場合でも、市販されてるパテなど で処置してしまうと、どこが問題だったのかわからないくらいにはなります。
2階書斎の床暖房工事
ロフト上部からの見下げ写真。配管のルートがよくわかる。 仕上はフローリングではなく、タイルカーペットを上に置くだけ。


↑に住宅用タイルカーペットを直接敷き込むことにより ローコスト化をさらに進める事が可能になる。タイルカーペットは 廣瀬様がインターネットでさがしてきて、ご自身で張られたもの。 このタイルカーペットは厚手の住宅用で、接着剤を使わなくても ずれたりしない。


いつものように便所・玄関も床暖房を行う。
便所は床暖房工事にともない床が上がると水道屋さんを呼ばなければならなくなり 費用がUPするので床を上げないで、床下に配管するように試みた。


↑の竣工写真


2階の洗面所、右手はトイレ。トイレは1階と同じく床を現状高さで仕上がるように配管を セットしている。


↑の竣工写真。2階の床はタイルカーペットを敷いていて、いつでも配管を 更新、点検が可能


おなじく2階洗面所の写真。右手がトイレ


ヘッダーは将来用も入れて合計7回路とし、4回路を実装している。




TOP PAGE BACK PAGE

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2013/10/30