除湿機のいらない地下室の現場報告

船橋市石川様邸地下室工事
地下1階地上2階 / 地下室上部コンクリート天井無し


2階和室はすぐ温まるように15mm厚さの薄い畳を使用します。
畳を上げてしまうと 床パイプが露出し、溝から脱落するおそれがありますので今回から 和室やタイルカーペットの仕上の部分はアルミテープを張るように しました。
→床暖房の現場報告の廣瀬邸での経験から仕様変更をしました。
同上の詳細写真
パイプの接続は専用金具でこのように簡単に行えます
仕上のフローリングは ナラの無垢材で定価7900円/坪(→u単価ではありません)
床暖房対応の保証はありませんが、安いほうがよいと言うお客様 のみリスク覚悟で納得のうえ採用しています
ボイラーの設定温度を40度から50度で運転してください。 決して70°というような高温連続運転でフローリングが割れるか どうかの実験はしないでください(笑)
TOP PAGE NEXT PAGE

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2013/10/30