安心快適断熱材セルローズファイバーと セルパネを組み合わせたp&b工法の現場報告

収納たっぷり板橋区佐々様邸の現場報告


床部分の断熱材はセルローズファイバーを手で詰めようということで 郡山のエコライフからセルローズファイバーのDIYパックを送ってもらう。
このDIYパックも弊社の提案によるものです


床の根太下端に薄い合板を張りセルローズファイバーを手で敷きつめる


床には根太レス合板を使っている。セルローズファイバーを丁寧に 敷きつめている


アメリカ製のセルローズファイバーの吹込み機を メーカーの好意で特別にお借りしました。セルローズファイバーを自分の手で 吹き込んでみようという目論み。 当初はセルローズファイバーDIYパックを壁に手で詰めようとしたのですが とてもとても無理だという事がわかり急きょ方針変更したもの


弊社スタッフが研修を受けているところ。 壁は上部で沈下する恐れがあるので特に注意する必要がある


天井は沈下の心配がないのでフワッと吹き込む。 お日様に干したお布団のようにフワッと 吹き込んだ方が断熱性能的には有利と言われている


当社のスタッフが吹き込んでいるところの写真


天井部分も同様に吹き込む


屋根の北半分はロフトの足場があるので吹き込み工法を行なう。 一方南半分は吹抜けになっていて足場が悪いので弊社開発のセルパネを 使う。このようにパネル状のセルパネと吹込みブロア工法をミックスした 工法をp&b工法と名付けました


TOP PAGE NEXT PAGE

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2013/10/30