地下室と全室床暖房 川崎市跡部様邸の現場報告


上棟日の写真。ロフトの丸柱の吊り上げ準備


ロフトを組み上げています。ロフトは人が 立って歩ける高さを確保しています


ロフトの内観写真。ロフトへはハシゴではなく、 穴の部分に設置される固定階段で上がれるようになる


特製の秋田杉の厚物合板を初めて使ってみました。予想以上に 木目がきれい。ロフトの床はこの合板を仕上げ材として コストダウン


子供室からロフトの丸窓を見上げる


1階床の断熱材はセルローズファイバーを大工さんに詰めてもらう


壁と屋根面にはセルローズファイバーを吹き込む。


屋根面のセルローズファイバー吹き込みの様子


セルローズファイバーの吹き込み機械。 今回のセルローズファイバーの吹き込みは エコライフにお願いしました


以下いつもの全室床暖房の記録写真です。手前食堂、奥がリビング、 手前左がキッチンとなっている


玄関にも床暖房が立ち寄っている。手前リビング


キッチンの床暖房は、システムキッチンぎりぎりに 温水パイプを配管することにより、足元が冷えないようにしている


同じ部屋の反対側の写真。奥がお風呂


食堂に隣接する和室の床暖房


2階ホール


左側洗面コーナー、右側トイレとなる


洗面所に温水ヘッダーを設置予定。今回は8系統となる。写真の ヘッダーは位置決めのための仮設のもの


洗面所竣工写真。ヘッダーにタオルを掛けておくとホカホカのタオルウオーマーになる。 また洗濯物を掛けておくと一晩で乾きます。

TOP PAGE NEXT PAGE

CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2013/10/30